LEXUS LFA Master's Nurburgring Pachag

LEXUS LFA Master's Nurburgring Pachag

販売価格: 148,500円(税込)

在庫なし

※こちらの商品は予約販売になります。

お申し込みは仮予約とさせて頂き、正式な受注は弊社よりお客様へ確認作業をさせて頂いた後となりますのでご了承下さいませ。

  

稀代の和製スポーツと至高のV10が共演

メーカーの協力を得て突き詰めた精密モデル

 

 21世紀のトヨタ2000GTと呼ばれるレクサスLFA。類まれなる高性能と他車を凌駕する高品質を兼ね備えたイメージリーダーカーであり、発売まで時間を設けて、熟成を重ねた点などその生い立ちはじつによく似ています。そのLFAの開発で当社が共感するのはトヨタとヤマハが共同開発し、切磋琢磨しながらひとつの作品を仕上げた情熱です。

「生産中止から10年を迎える今、その情熱を形として後世に残したい」思いからミニカーメーカーのMake upと再びタッグを組み、構想から約2年間を費やし「LFA Master's」がようやく完成しました。

 1/18ミニカーのベースとして選んだのは総生産台数500台のなかでわずか50台しか存在しないLFAニュルブルクリンクパッケージ。研ぎ澄まされた空力ボディにレースからフィードバックされた専用の大型フロントスポイラー、カナード、カーボン製リアウィングが装着され、スパルタンに仕立てられたエクステリアはレクサスから提供を受けた実車の3Dデータをもとに原型を設計。シャープな印象が際立つディテールアップと形状の再現のみならず、折り目正しくカーボンを貼り込むなど細部まで再現し、見応えのあるモデルに仕上がっています。

 1/6エンジンモデルの開発もトヨタとヤマハが全面協力。571㎰を発揮する国産唯一の4.8ℓV10エンジン「1LR-GUE」はヤマハが保有している2機を借り出し、分解して細部まで徹底的にスキャニングして3Dデータ化。エンジン本来の質感も再現するべく、レジンのみならず金属、プラスチック、などを適材適所で配置し、完全ハンドメイドで仕立てています。スタンダード仕様との識別点である黒ベースに赤い文字のエンブレムをエッチングパーツで再現しオイルエレメントカバーのカラーもシルバーへ。そのすべてを余すことなくモデルに落とし込んでいます。

 オーナー諸氏のみならず、スポーツカーファンの方々にも手に取っていただきたい自信作です。

 

 

■トヨタ自動車ライセンス商品

■本体材質 レジン樹脂、アクリル、真鍮、ホワイトメタル、ウレタンゴム
■台座&アクリルケース:幅400mm×奥行き320mm×高さ(ケース高)170mm
■付属品:ウォールナット高級台座(表面はカーボン調シート張り)、日本製高級アクリルケース

 

価格135,000円(税抜き) 148,500円((税込)

カラーバリエーション オレンジ ホワイテイストホワイト マッドブラック レッド 全4色

受注期間9月初旬まで  納期2022年12月末頃〜

 

初回生産ロット 25セット (全色併せて総台数)

 

他の写真